データ作成講座:イラストレータ編

こちらのページではアドビ(Adobe)社のDTPソフトであるイラストレータ(Illustrator )を使用して作成する場合の基本操作をご案内致します。ご利用頂くソフトのバージョンによって若干操作方法が異なる場合もございますが予めご了承下さい。作成の流れの他に、すぐ下段のボタンをクリックすると各項目について詳しくご説明したページへジャンプします。

データ作成簡単6ステップ

ステップ通りに作成すれば不備の無いデザインデータが簡単に作成出来ます!

1.サイズを決める

LION清

まずは印刷物のサイズを決めましょう!利用用途やデザイン、予算に合わせて様々なサイズをお選び頂けます。各商品にはガイド付きのテンプレートをご用意しておりますので是非ご利用下さい。

下へ

2.トンボを付ける

LION清

サイズを決めたらトンボ(トリムマーク)を付けましょう。塗り足しの作成を忘れないようにご注意下さい。テンプレートをご利用頂くと非常に作業が簡単ですので是非ご利用下さい。

3.画像を「埋込み」で配置する

LION清

画像を配置する場合は必ず「埋込み」でお願いいたします。「リンク配置」が一般的ですが、弊社ではミスの少ない「埋込み」のみの受付とさせて頂きます。画像を配置しない場合はこの作業は不要です

 
下へ

4.テキストを打ち込む

LION清

背景が決まったらテキストツールで文字を打ち込みましょう。
フォントにもよりますが、あまり小さい文字を使用すると見づらくなってしまうことがあります。例えば黒背景に白文字なども小さい文字サイズの場合に危険です。デザインやインクの指定量にもよりますので明確なガイドラインは明言出来ませんが、目安として6pt以上の文字サイズであれば安全です。

下へ

5.テキストをアウトライン化する

LION清

テキストを打ち込んでデザインが確定したら最終作業としてテキストのアウトライン化を行いましょう。この作業をするとテキストは「イラスト」になるので文字としての編集ができなくなります。

下へ

6.入稿用データを保存する

LION清

入稿用データの名前は必ずご注文者様の名前で保存して下さい。
入稿時に他の名前(例えば、SALEチラシ.aiなど)のままで入稿をすると、アイリィデザインでお客様のデータと特定出来ずに未入稿扱いとなる場合がございます。
データが特定出来ない場合には未入稿処理となり納期が遅れてしましますのでご注意下さい。
例)tanaka.taro.ai〜など

PAGE TOP▲

フッター スカイプ