塗りたしについてのご説明

こちらのページではアドビ(Adobe)社のDTPソフトであるイラストレータ(Illustrator)を使用して塗り足しを作成する方法と、塗り足しの必要性をご説明しております。ご利用頂くソフトのバージョンによって使用方法が若干異なる場合もございますが予めご了承下さい。

塗り足しにはトンボが必要です、トンボ(トリムマーク)の作成方法はこちら

白いフチを残すデザインの場合はトンボの枠内だけでなくさらに内側に白い箇所を作成して下さい。
なお、断裁は3mmの幅内で行われますので上下左右の白フチの幅が変わる可能性がございます。予めご了承いただきますようお願いいたします。文字切れの場合はデータチェックで不備になりません。(あえて文字切れするデザインにしている場合があるためです。)ご入稿前にしっかりご確認下さい。塗り足しの箇所に文字があると図のように文字切れに
なります。
文字切れを防ぐ為にトンボの枠より内側に文字を配置
してください。塗り足しが無いとデータチェックで不備となり再入稿となります。
塗り足しを作成しない場合はご注文時「その他」欄に塗り足し不要とご記入下さい。塗り足しが全く無い状態です。
このまま印刷すると白いフチが残る可能性があります。
*このフチは残ったり残らなかったりするので図の様に
 上は白いフチがあり、左は無いといった事もあります。印刷後、天地左右3mmづつの幅で断裁を行います。3mmの幅のどこで切れてもいいように断裁の幅にもデザインを施すことを「塗り足し」といいます。以下によくある塗り足しと文字切れの例をご案内致します。

塗り足しにはトンボが必要です、トンボ(トリムマーク)の作成方法はこちら

PAGE TOP▲

フッター スカイプ