アウトライン化について

基本編

こちらのページではアドビ(Adobe)社のDTPソフトであるイラストレータ(Illustrator)を使用してテキストをアウトライン化する方法をご案内致します。ご利用頂くソフトのバージョンによって使用方法が若干異なる場合もございますが予めご了承下さい。

テキストはアウトライン化すると文字ではなく「画像」になります。その為、アウトライン化したテキスト文字として編集することはできなくなります。アウトライン化したデータは「別名で保存」することをお勧め致します。アウトライン化するテキストを選択します。選択されたテキストは
右図の様になります。3.テキストがアウトライン化されました2.上部メニューの「書式」→「アウトラインを作成」をクリックテキストを個別に選択して操作すると漏れるテキストが出てくる場合があります。
テキストだけではなく、作成したイメージ全てを選択してアウトライン化を行うと
細かい箇所までアウトラインが確実に行われますのでオススメです。ご注意下さい!アウトライン化されたテキストは右図のようになります。上部メニューの「書式」をクリックすると下にメニューが表示されます。
その中の「アウトラインを作成」をクリックします。

エンベローブは要注意

エンベローブ機能をご存知でしょうか?エンベローブを使用するとアーチ状のテキストなどを簡単に作成出来ますが、アウトライン化が通常操作では出来ない上にテキストの検索でも発見しづらい為非常に注意が必要な操作なのです。
※アイリィデザインではエンベローブの未アウトラインでの印刷トラブルについてはクレーム対象外とさせて頂いております、必ずお客様御自身の検証をお願い致します。

エンベロープのアウトラインこれがエンベロープですこうなりますこうなりますエンベロープしたテキストを選択し、上部メニューの
「オブジェクト」→「エンベロープ」→「拡張」をクリック
します。
これでエンベロープされたテキストはアウトライン化
されました。エンベロープするテキストを選択し、上部メニューの
「オブジェクト」→「エンベロープ」でメニューが表示
されます。
今回は「ワープで作成」のメニューで例を作成しました。

PAGE TOP▲

フッター スカイプ