フォトショップで作るテキストのアウトライン化

aaa

フォントには様々な種類があり、お客様の環境で制作したデータはテキストデータのままですと、弊社では正しく表示されない事があります、それを防ぐ為にご入稿データではテキストのアウトライン化を行って頂く必要があります。

こちらのページではアドビ(Adobe)社のDTPソフトであるフォトショップ(Photoshop)を使用してテキストをアウトライン化する方法をご案内致します。ご利用頂くソフトのバージョンによって使用方法が若干異なる場合もございますが予めご了承下さい。
なお、フォトショップでは通常「ラスタライズ化」「画像化」と言った表現をするのが正しいのですが、イラストレーターと呼び方が異なると初心者の方にはわかりにくいので、アイリィデザインではフォトショップのテキストを画像化する作業を全てアウトライン化と呼称しています。
ネットや書籍のマニュアルを参考にされる場合には「ラスタライズ化」や「画像化」などの名称でご参照下さい。

1.テキストデータを確認

aaa

まずは、レイヤーウインドウを見て下さい。写真の様に、レイヤーの横にあるサムネイル画像が「T」になっていると、テキストデータがそのレイヤーにあると言う事を表しています。

オリジナルデータはテキストレイヤーをそのまま残しておいた方が良いのですが、アイリィデザイにご入稿頂くデータはこのテキストデータをアウトライン化して頂く必要があります。

aaa

2.「画像を統合」してしまいましょう

aaa

では、先程のレイヤーウインドウの右上の三角(または棒の様な)アイコンをクリックしてレイヤーメニューを表示するか、上部メニューから「レイヤー」をクリックしてメニューを呼び出して下さい。
メニューの中に「画像を統合」と言うメニューがありますので、こちらをクリックして下さい。
これだけの作業でテキストデータが「画像」として変更されて、どの環境で開いても全く変わらない状態で表示されます。

aaa

3.画像が統合されましたアウトライン化完了です

aaa

画像を統合すると、写真の様にレイヤーが全て集まってひとつの画像レイヤーになります。テキストデータも画像化されていますので、この状態で「別名で保存」」でオリジナルデータとは別に入稿用のデータを保存しましょう。

※「レイヤーを保持した修正可能なオリジナルデータ」は必ず別に保管して下さい、オリジナルデータが無いと、お客様がデザインやテキストを修正したい場合に非常に難易度が高くなってしまいます。

PAGE TOP▲

フッター スカイプ